ホーム > くすの木幼稚園ブログ > 我が子にお手上げ…?!(吉鹿)

くすの木幼稚園ブログ

  • くすの木幼稚園ブログイメージ1
  • くすの木幼稚園ブログイメージ2
  • くすの木幼稚園ブログイメージ3

我が子にお手上げ…?!(吉鹿)

先日は保育参観に来て頂き、ありがとうございました。

お子様の様子はいかがだったでしょうか。

 

我が家の末娘(年長)。

不安な事、困った事があると泣く。

誰かに優しくされようものなら、それに甘えて泣く。

思い通りにならないと泣く。

そこに私がヒートアップして何か言おうものなら

それをかき消すかのように更に大声で泣く。

 

その度に、また始まった…と感じています。

とうとう、習い事の先生にまで

この子は『難しい子』と思われてしまいました。

 

でも、この子はそんな子、こういう性格、と決め付け、

頑張っていないのは私だと

いつも園長先生からのお話で反省します。

今回の参観でのお話からもそうでした。

 

小さな我慢をさせて下さい、

子どもの言いなりにならないで下さい、

とよく言われます。

 

泣いたからと言って

よしよし、とか可哀想とか

そんな事は思っていないつもりです。

 

でも結局私は、

泣くことに対して我慢をさせる事なく、

また始まった、こうなったら放っておくしかない、

落ち着いらたら話そうと

気の済むまで泣かせるのを許していたのです。

 

もっと小さな頃は、人前や出先でこうなってしまうと

我慢をさせられず、言う事を聞かせられず、

叱ってもなだめても私がどうする事もできず、

こちらが折れるしかないような事がよくありました。

最後は抱っこで落ち着かせる…といった状態で。

そりゃ、家でやっていなかったら

できるわけないですよね 笑

 

この繰り返しで、

ちょっと我慢したり、あと少し頑張ったりする事を

させていなかったのだなと感じています。

甘えたいのかな…と思ったときもありましたが

いやいや、単なるワガママですね。

 

幼稚園では、担任の先生をはじめ、たくさんの先生が

色々な場面で

頑張らせたり言い聞かせたりして下さります。

 

園長先生もおっしゃっていましたが、

幼稚園で頑張っているから家ではこれくらいイイかな…と

今この瞬間の感情に流される事なく

もっと先のことを考えた時にどうすることがいいのか、

私自身が考えなければならないと思いました。

諦めずにやります!

お母様方、一緒に頑張りましょー!

 

・・・・・・・・オマケ・・・・・・・・

園長先生が仰っていた丈の短い靴下の履き方。

皆さまお試しになりましたか?!

私は、いつもスポスポ脱げる靴下でも

かかとから履くと一度も脱げませんでした!

効果覿面です☆

記事一覧へ