ホーム > くすの木幼稚園ブログ > 野球ハジメマシタ。(吉鹿)

くすの木幼稚園ブログ

  • くすの木幼稚園ブログイメージ1
  • くすの木幼稚園ブログイメージ2
  • くすの木幼稚園ブログイメージ3

野球ハジメマシタ。(吉鹿)

 先日のレスリング大会。

相手に立ち向かって行く凛々しい顔つき、

必死に相手にくらいつき最後まで諦めない姿、

とても感動しました。

我が子も3年前にやったんだよなぁ…

くすの木幼稚園で育てて頂いた我が子。

卒園して、何か本気で打ち込んだ事ってあるかなぁ…

自分から挨拶…してる?いや、してないよな。

『何にでも挑戦し最後まであきらめません』

この言葉、覚えてるかな?

 

卒園して思います。

くすの木幼稚園に通っているから

何でもできるようになる、

『くすっ子』に掲げてあるような子になる、

ああなる、こうなる…

幼稚園任せだったなぁと。

 

さて、前置きが長くなりましたが、

息子が先月から野球を始めました。

そこで色々な事を感じまして…。

◆入部当日、コーチに呼ばれ、

たくさんの部員の前で自己紹介。

緊張しすぎて挙動不審。

うわー…声小ちゃい。

人前に立って自分の事を話す、

こういうドキドキする経験、なかなかないね…。

 

◆試合で遠方に行く日

配車で息子を乗せてくれる部員のお父さんが

黙っている息子に対して一言。

「乗せてもらう時はお願いします、やろ!?」

「あ…お願いします。」

あ…ちゃんと私、教えてなかったな。

 

幼稚園で教えて頂いた事、

どれもできない…

忘れている…

それは息子のせいではなく

私が幼稚園で教わった事を家でしていなかったから。

 

野球チームの子ども達。

年上の子が年下の面倒を見たり、時には叱ったり、

大人と会った時に

(帽子のつばををちょこっと上げて)

ちゃんと自分から挨拶したり、

みんなちゃんとしてるなーと感心します。

そんなことを感じながら、

このチームで揉まれれば、鍛えてもらえる、

今できていない事もできるようになる。

そんな考えではなく、

じゃあ、私がすることって何だろう、

家庭で教える事って何だろう…、

ちゃんと考えないとなーと思います。

息子と野球を通じて、

学ぶ事がまだまだたくさんありそうです!

 

さて、明日はいよいよ年長天拝山登山です。

私も登ります!

お時間のある年長保護者の方、一緒にいかがですか?

また、明日は全学年お弁当です!

お忘れなく☆

記事一覧へ